社員インタビュー01

林業に惹かれて、1年勤務して見えたもの

社員インタビュー01_01

国産材製品流通部

生命環境学部 森林科学科卒業
2017年入社

経歴

2017年4月
総務部に配属
2017年8月
国産材製品流通部に配属

入社のきっかけを教えてください。

東日本大震災の時の「奇跡の一本松」に、樹木医さんが努力して治療する姿に感銘を受けて樹木医を目指し始めました。そのため、緑化・造園関係の仕事を中心に就職活動を進めていましたが、林業にも興味があったのでフォレストサービスの説明会に参加しました。フォレストサービスは木材流通の仲介業者として利益を出し、その利益が山主、木材関係者に還元され、林業が産業として成り立っていくところに魅力を感じ、入社を決めました。

国産材製品流通部の業務内容を教えてください。

社員インタビュー01_02

各部署の製品グループが担当エリアの仕入販売先との受注・発注のやり取りを行い、国産材製品流通部はその統括を行います。必要であれば仕入れのサポート業務に入ります。私は配属後、主に住宅用部材の仕入れの業務を担当し、2018年4月からは仕入販売先の受注・発注のサポート業務も行っています。普段は本社で勤務していますが、在庫の状況や木材流通について、仕入販売先の工場まで確認しに伺うこともあります。

林業業界に入って驚いたことはありますか?

大学では製材や集成材について勉強していなかったため、工場に行くと初めて見るものばかりで驚きの連続でした。たとえば、集成材を見ることも、生産工程を見ることも初めてした。また製材・集成材工場が予想以上に機械化されていた点に一番驚きました。各工場は所有する機械の特性を活かして効率よく生産できるように工場ラインを組んでいます。それぞれの工場で工場ラインのこだわりがありとても興味深いです。その意図を理解すると工場の見方も変わり面白さがあります。

社員インタビュー01_03

今後の目標を教えてください。

半年間、先輩の取引先に同行していました。先輩は経験と知識が豊富で、仕事の段取りが良く、相手が求めているものを瞬時に読み取り提案が出来る、私の憧れです。私もこれからは一人で販売先や仕入先を担当させていただくので、一人でできることを増やしながら、先輩のように双方に情報提供のできる、意味のある商社マンになりたいです。

休日の過ごし方

映画鑑賞が趣味なので、映画館巡りや自宅でのDVD鑑賞で気分転換しています。