国産材の販路開拓バイオマス燃料
事業

山に残されていた木材
暮らしを照らす燃料として活きる

木を伐採すると、木材製品への加工が容易な部分の他にも、用途が限られている細い部分や、利用が進んでいない枝葉・根元部分等も出てきます。このような木材も余すことなく使い切るための販路を開拓し、国産材利用の可能性を広げる事業を展開しています。

木質バイオマス発電の燃料用チップとなる原木を集荷し、チップ製造工場へ販売しています。木材製品への加工が難しい原木(腐れ、二又、節が多いもの等)の集荷を行いながら、伐採現場に残されることが多い、木の枝葉や根元部分の回収にも力を入れています。

枝葉、根元部分

これまでは山に残されていた枝葉や根元部分が、燃料用材として活きる道が開かれています。

木の枝葉や根元部分等を集積している様子
木の枝葉や根元部分等を集積している様子